おきなわ企業Workwork訪問

新着情報

株式会社グッドラック・コーポレーション

2017年09月27日(水)

#
氏名 (左)西原 里香さん、(右)榎本 汐緒音さん
勤続年数 入社2年目/入社2年目

Q1

入社のきっかけを教えてください

開く

#

榎本)高校の時からブライダルに携わりたいと思って東京のブライダル専門学校に通っていました。就職活動するにあたって、元々海外にも興味があってリゾートウエディングが自分にあっているんじゃないかと思い、リゾートウエディングを取り扱っている会社に焦点を当てて受けていました。

企業研究をしていく中で、弊社はベンチャー企業なので歴史としては浅い会社ですが、他の歴史のある会社に比べて、そこに会社の持っている可能性を感じました。

人事の人や働いている方から自分が積極的に動いていけば何でもやらせてもらえると聞いていたので、自分の性格的にも合っていると感じ、ここで働いてみたいという思いで東京から単身移住してきました。

そして企業理念である「世界中を幸せに」のインパクトも大きく、いろんな人と関われるウエディング業界で日本人だけではなく、海外の人の結婚式にも携わって多くの人の幸せのお手伝いをしたいなと思っています。

今後は海外勤務を希望しているので、まずは沖縄のリゾートウエディングでノウハウを学んでいけたらと思っています。

西原)高校まで石垣島で住んでいて、教員になるという目標で大学に進学しました。3年生の時、周りが就職活動を始める中、私は教育実習の準備をしていました。

実習で担当してくれた先生が一度社会で働いた経験のある先生で、現場で子ども達を指導する上では、一度は「就職活動をした方がいいよ」と言われたことがきっかけで私も就職活動に取り組みました。

その時、私は何をしたいのか?何ができるのかなと自分に問いかけ「人と関わることが好き、直接お客様と向き合うことのできる仕事がしたい」と思いました。いくつか説明会に参加する中で、華やかなイメージのあるブライダルに就職したいと考えました。

凄い巡り会わせだと思いますが、大学で弊社の説明会があり、友人一緒に参加しました。実は、グッドラックの名前を聞いても何この会社?という感じでした。

そして、儀武ゼネラルマネージャーの話を聞き共感できることがたくさんあり、エントリーを決めました!

儀武ゼネラルマネージャーは短い年数でエリアマネジャーになっているので、行動すれば変われるという考えに共感し、儀武ゼネラルマネージャーの人柄に魅力を感じました。

Q2

お仕事内容を教えてください

開く

#

榎本)私が所属するオペレーションチームでは社内のシステムを使っており、そこにプランナーからの手配内容やリクエストがきます。

それを1つひとつ対応可能かどうかチェックしたり、取引先様とやり取りを行ったり、プランナーからの問い合わせでオペチームでの判断が難しいものは各チャペルのチーフにメールで問い合わせをしています。

またプランナーからのファイナル書面(手配内容、お客様の情報、挙式の内容、写真のリクエストなど詳細に書かれている書類)を整理し、コーディネーターに伝えます。この作業を2名から3名で分担して対応しています。

また月初と月15日に取引先様に一斉手配をするのですが、それも手配洩れがないようにしています。挙式に関わることは全てオペチームで手配します。

西原)コーディネーターの仕事は主に挙式の前日に新郎新婦さんと挙式の最終の打ち合わせを会場で行います。挙式の1日の流れについての説明と動画を見て頂き当日のイメージを膨らませていただきます。

そして、申し込み内容の確認、衣装の確認などの打ち合わせを1時間30分ぐらいで行います。

海の教会では挙式前日から挙式終了するまで1人のコーディネーターが担当する、一顧客一担当制になっています。

オペレーターがまとめてくれたものを打ち合わせに前までに私も頭に入れます。こういったお客様だから、前日をどのような結婚式にしたいかを新郎新婦に念密にお聞きして、メイクスタッフやカメラマンに伝えます。


~いい仕事したなと思う時はありましたか?~
西原)挙式を挙げるお客様もさまざまで1年前からプランナーと細かい所まで打ち合わせをする人もいれば、結婚した数年後に家族、親族のみの温かい挙式をする人もいます。

1人ひとりテーマが違うので、お客様が結婚式で何を求めているものを打ち合わせで聞き、挙式当日にそれができた時は嬉しいですね。

お客様に寄り添うことができるのがコーディネーターです。でもプランナーとオペレーションがお客様と密にやり取りしてくれたことで、コーディネーターが挙式当日に、それを実現することができます。

最後にお客様から「ここでやって良かった」と声が聞けるので、嬉しいですし、やりがいを感じることができます。

~働いてみて印象に残っていること仕事は?~
(榎本)コーディネーター以外の仕事でも何でもやるんだな思いました。館内の清掃以外にもビーチ清掃もしています。自然のビーチなので自分たちで清掃を行わなければならず、以前藻が大量発生したときは衝撃を受けました。その時は全社員で清掃に取り組みました。

最初は「自然環境を整えるために沖縄に来たんじゃないのに・・」と思いましたが、みんなで協力しながらキレイにすることで、実際にお客様が少しでも喜んでくださっているので嬉しく感じます。

(西原)女性の多い職場なので、電気の交換などのメンテナンスも私達でやります。入社当時は脚立1脚しか持てなかったのが、いつの間にか2脚を持って移動しています(笑)たくましくなっています。

また、早朝出勤があることです。海の教会は5時出勤ですよ。最初はビックリしましたが、人の為にできると思うと朝早くても大丈夫です!朝5時から夕方5時まで動ける体力がついてきました(笑)

Q3

会社の魅力を聞かせてください

開く

#

榎本)会社が若いからこそ働いているスタッフも若いので、仕事をどんどん任せてもらえます。だからこそ自分でどうにかしないといけないと考えて行動するので、個々の成長スピードは速い方だと思います。

入社2年目で部署異動の機会を与えて頂けたのもその一つだと考えています。また、もっとこういうことをしたいという提案も上司は耳を傾けてくれる環境でもあります。それは先輩達が上司に言いやすい環境を作っているのもあるのかなと思います。

西原)会社が若くスピードが速いので、色々なことを2年目で任せてもらえます。新人研修も2年目、3年目が指導をします。やる気があれば色々なことに挑戦させてもらえる環境なので自分たちのモチベーションは高まります。

~仕事で不安になった時の乗り越え方は?~

西原)仕事を任された時、本当に私で大丈夫なの?と思う時もありますが、上司は「大丈夫」だから任せていると言ってくれるので頑張ることができます。

また、小さなことでもウヤムヤにせずなんでも相談し、解決できる環境なので、仕事が楽しくできます。

榎本)最初からできる人はいない。やってもいないことを出来ないと決めるよりは、やった方がいい。自分で限界を作ってしまったら、その可能性もなくなるのかなと思っています。

今回の異動もすごく悩みました。でもせっかく上司が私にチャンスを与えてくださったのに、やらないのはもったいないと思いました。色々な道を自ら作っていき、これからの5年後、10年後に「私はこれだけやったんだから、きっとこれもできるはず!」と仕事の選択肢が広がると思っています。

全部が自分自身の為になると言い聞かせて、誰かが私に期待や応援をしてくれている限り
諦めてはいけないと思っています。時々、落ち込んでも最後は必ずポジティブにもっていきます!

Q4

定着支援セミナーを受講していかがでしたか?

開く

#

榎本)8月に自己理解のセミナーを受けました。就職活動でたくさん自己分析していたのですが、自分が守護霊になって自分を語るというのは、私の21年間をしっかり振り返ることができたワークでした。

「自分の性格はこんなタイプだろうなぁ」という自己分析はすることは行ってきましたが、私の人生において、どんな経験をし、こんな時に落ち込んで、どんな学びがあったから今があるという振り返りは行ったことがなかったので、ワークを体験して私はこうして成り立っているんだと思いました。

グループに同期がいたのですが、彼女のことは働いている2年間しか知らなかったです。
でもこのワークで彼女もここまで来るのには彼女なりの苦労があってことを知ることで、彼女の見方も変わりました。

真っ暗の中での体験で最初はビックリしましたが大事な時間で印象に残っています。


西原)入社して2年目、3年目と違う職種の人達と話すことができたのは良かったです。職場の同期とは年齢も近いので、違う環境の人達とコミュニケーションを取ることが出来て良かったなと思います。

キャリアプランの感想ですが、私達の会社はスピードの速いので、このままこの会社で働いているのであれば5年後、10年後の目標は管理職と書きました。

同じグループのワークに参加した方々のキャリアプランも様々で、私達との共通している部分、相違点もあり、たくさんの方々の話を聞く機会があったので楽しみつつ、また、自分自身について改めて考える機会になりました。

Q5

今後の目標(榎本 汐緒音さん)

開く

#

「何事にもチャレンジ!自分の限界は決めない」コーディネーターを経験し現在オペレーションチームに入ったので、現場でも裏方でも両方マルチに活躍できるオールラウンダー的な存在になることが近い将来の目標です。

Q6

今後の目標(西原 里香さん)

開く

#

「自分らしさを大切に前進あるのみ」私は、いつも笑っていて「なんくるないさー精神」があります。

周りが「どうしよう」と慌てていても、私は「どうにかなる、やるしかない」とこれまで壁を乗り越えてきました。その自分らしさを持って成長していきたいです。

また、後輩が入社し指導教育を関わる中で1人ひとりの個性を壊さずに楽しく仕事をやっていきたいです。笑顔とポジティブ精神を忘れずに頑張っていきたいです。

今後の目標としては、やりたい事はたくさんありますが海外にも行ってみたいです。これから会社自体がどんどん成長していくと思うので、自分自身も上に立って人を動かせるぐらい成長していきたいと思います。毎日の業務で吸収できるものは全て吸収して自分のものにしていきたいです。

Q7

就職活動中の方へのメッセージを

開く

#

榎本)私は1年間、就職活動に苦戦してきましたが、自分の中で大切にしている事、自分自身がやりたい事、どんな人生を送りたいのかということだけは絶対に揺らぐことはありませんでした。目標とか何かしらの軸さえあれば、どんな状況になっても仕事は頑張れるのではないかと思います。

自分の軸となるものを見つけて就職活動をすることで道は開けるのではないかと思っているので、社会人になっても、その気持ちあれば乗り越えられると信じています。

西原)就職活動はまず、自分と向き合うこと。自分が本当に何をしたいのか、どういう所で働きたいのか考えることがポイントかなと思います。

私自身もこれしかないと思っていたけれど自分自身と向き合うことで会社に入って今、楽しく仕事をしています。自分が本当に何をしたいのか考えてそれに向かっていく。

自分ができること、面接でどれだけ自分を最大限にアピールできるかがポイントになってくると思います。そのためにも自分がやってきたことを誇りに思うことも大切だと思います。諦めずに挑戦していって欲しいです。

~リゾート婚の魅力とは?~
非日常が味わえるのがリゾート婚の魅力です。リゾート婚は家族や親密な関係の人と式を挙げたい人が多いです。

都会の結婚式はカッチリとしているので、自分達らしさや招く人と楽しみたい人にはリゾート婚かなと思います。

Q8

もし自分ならどんな結婚式をしたいですか?

開く

#

(榎本)私はまず家族や親族のみでハワイでのリゾートウェディングをやりたいです。ただ、友達や仕事場の人にも感謝を伝えたいので自分達のお世話になった方々に向けて結婚を誓う人前式も別で行って披露宴をしたいです。
あとは時期と相手ですね(笑)

(西原)沖縄特有の披露宴で余興やケーキ入刀とかイメージがあったのですが、入社してからリゾート婚のアットホームもありかなと思います。式だけは海外の海の見える場所でリゾート婚をして、沖縄では大きな会場で披露宴したいですね(笑)

他のインタビュー記事を見る

  • 株式会社 角川アップリンク
  • 株式会社MEDIA FLAG沖縄
  • 株式会社 日進沖縄
  • 大城税理士事務所
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社
  • 浦添市てだこホール指定管理共同企業体 ティダ・コミュニケーションズ&リレーションズ
  • 株式会社コンゼ
  • ムーンホテルズアンドリゾーツ株式会社
  • アイ・ラーニング
  • 株式会社エプコ
  • 株式会社ニッシンあっとリフォーム
  • オクマプライベートビーチ&リゾート
  • 社会医療法人敬愛会ちばなクリニック
  • 琉球Software株式会社
  • 株式会社電通オペレーション・パートナーズ
  • 株式会社 WOWOWコミュニケーションズ
  • 社会福祉法人わかめ福祉会 第2かぐら保育園
  • 株式会社グッドラック・コーポレーション
  • コザ信用金庫
  • 株式会社 ファッションキャンディ
  • 株式会社 仲本工業
  • JALシティ那覇
  • 株式会社ONNA
  • 株式会社パラダイスプラン
  • 株式会社リウボウ旅行サービス
  • 株式会社エブリィワールド
  • 海邦福祉会 高志保園
  • タイガー産業株式会社
  • 株式会社中央医療器
  • 株式会社ディノス・セシールコミュニケーションズ
お問い合わせ
沖縄県キャリアセンター
〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1丁目20番1号 カフーナ旭橋A街区6階 グッジョブセンターおきなわ内
TEL : 098-866-5465
PAGETOP